フランスの歴史

1 :世界@名無史さん:2011/11/06(日) 16:14:15.46 0.net
古代から現代に至るまでのフランスの歴史について語るスレです

2 :世界@名無史さん:2011/11/06(日) 16:48:31.92 P

フランスの歴史とはパリの歴史のことである

3 :世界@名無史さん:2011/11/06(日) 17:09:27.25 0

フランク共和国

4 :世界@名無史さん:2011/11/06(日) 18:07:33.88 0

なぜカペー朝以降をフランスと呼ぶのか
フランクのままでいい

5 :世界@名無史さん:2011/11/10(木) 19:44:06.84 0

フランスに移り住んだフランク人が
フランス語を話し始めるようになるのはいつごろからだ?

6 :世界@名無史さん:2011/11/10(木) 19:47:49.19 0

フランク=フランスじゃないからでしょ

7 :世界@名無史さん:2011/11/10(木) 19:48:26.52 0

「フランス語」の原型であるパリ周辺のフランシア方言が現れてきたのは11世機以降。

「フランス語」がフランスの共通語になったのはフランス革命以降。

8 :世界@名無史さん:2011/11/10(木) 20:35:14.90 0

>>5
俗ラテン語なら移住直後から。

6世紀中ごろから、ローマ系住民の間で子供へゲルマン名をつける
流行が起きている。

9 :世界@名無史さん:2011/11/10(木) 21:56:59.81 0

現存する最古の非ラテン語(俗語)文献はフランキア方言による
「ストラスブールの宣誓」(842年)。

10 :世界@名無史さん:2011/11/10(木) 23:02:14.54 0

>>9
俗ラテン語に、フランク語の語彙などが加わったものだよね。

11 :世界@名無史さん:2011/11/11(金) 07:07:50.59 0

オック語とオイル語。
オイル語が原題フランス語の原型となったということで、江戸弁みたいなもんか。

12 :世界@名無史さん:2011/11/11(金) 11:05:59.23 0

カペー王家が341年も続かなかったら、フランスはドイツや北イタリアと
同じような分裂した状態になっていたのかな
この間イングランのっでは4つ、ドイツでは9つの王朝が交代し、
スペインの大半はムスリムの支配下にあり、イタリアでは王国が消滅していた

13 :世界@名無史さん:2011/11/11(金) 12:50:59.89 0

>>8
それってお6世紀後半のパリ地方の「フランク化」と呼ばれる現象と関係がある?
キルペリクは事実上パリを自らの都とし、その周辺に旧都ソワソンおよび
サリー・フランク人の土地から、多くのフランク人従士を移住させ、
所領を与えて住まわせていた

14 :世界@名無史さん:2011/11/11(金) 19:23:00.08 0

フランスの歴史に興味が湧いた時にいいスレ見つけた。
カペー朝って新書を今読んでるんだけど、小説っぽくて面白かったんだけど物足りない。
カペー朝が詳しく書かれてる本ってないのかな。

19 :世界@名無史さん:2011/11/11(金) 22:41:05.10 0

>>13
関係あるだろうね。
当時首都を定めてもかなり短いスパンで、王と側近や一族が都市から都市へ移動していた。
これは政治基盤が貧弱であり、つねに地方の反乱に目を光らせる必要性が高かったため。

ローマ系住民はゲルマン名を子につけることで、子供が仕官しやすくなると
考えていたようだ。
またローマ式の氏族名・個人名の名前のつけ方は7世紀までには絶え、
個人名しかなくなった。

16 :世界@名無史さん:2011/11/11(金) 21:13:06.23 0

>>13
ゲルマン語を話していただろうフランク人も
即効ラテン語化されたのか

17 :世界@名無史さん:2011/11/11(金) 21:21:43.18 0

カロリング時代までのフランク人支配者はフランク語(ゲルマン語)を使用しており、
それはドイツを含む王国の共通言語だった
したがって、ガリアにおいては二重言語状態が9世紀までは状態であったと推測できる
しかし、広範に広がったロマンス諸語によって、文化的に劣位にあった
フランク語は駆逐される
そして13世紀ごろに、ヘゲモニーをもつ言語としてパリ方言(フランキア方言)が
共通フランス語としての地位を獲得する

18 :世界@名無史さん:2011/11/11(金) 22:29:53.65 0

>>16
17でも答えてる通り、公用語は二つ。

ただしゲルマン語の影響を受けたガリア北部と、
アラビア語の影響を受けた南部の言語差は激しく、
中世末期になっても意志の疎通が難しかったようだ。

ゲルマン人口率が1%程度という面から考えても、ラテン語(ロマンス語)化は
避けられなかったと推測される。

また法律もゲルマン法とローマ法で分けていたが、3世代あたりから融合が進む。
特に軍事面に関しては顕著であり、6世紀始めにはゲルマン系のみに課していた徴兵を
ローマ系へも課していく。

15 :世界@名無史さん:2011/11/11(金) 21:09:08.63 0

おい、今日はフランスが第一次世界大戦でドイツに完全勝利した日だぞ。
フランス万歳!!

20 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 05:52:26.08 0

アルビジョア十字軍がなかったら
今頃どうなっていたか
分裂してたかも

21 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 06:07:26.21 O

今、シュテファンツワイクの『ジョゼフフーシェ』読んでる
フランス革命みたいな時代は特異な人物が出るもんだね

22 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 07:02:01.78 O

>>18
ガリアのゲルマン人口が1%って、残りのほとんどがケルト人か?
それがローマが支配してる間にラテン語化したのか?
てことはフランスの大半は元ケルト人?

23 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 07:15:03.57 0

中世から近代までのフランスの戦士たち
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15283239

24 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 09:12:30.67 0

>>22
先住民+ケルト人+ローマ人+ゲルマン人

先住民というのは巨石文化をになった人たちね

http://www5e.biglobe.ne.jp/‾truffe/Dolmen-BretagneNW.htm
北西ブルターニュの古代巨石文化
http://www5e.biglobe.ne.jp/‾truffe/Dolmen-BretagneSE.htm
ブルターニュ(南東部)の古代巨石文化
http://www5e.biglobe.ne.jp/‾truffe/dolmen-europe.htm
フランスとヨーロッパの古代巨石文化

25 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 09:14:28.85 0

先住民は非印欧語族

26 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 10:14:44.19 0

>>20
南フランスには副伯(ヴィコント)という役職があったな

27 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 11:25:36.20 0

ナポレオン時代のフランス国歌

28 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 11:43:06.85 0

>>22
元々カエサルがガリアを征服する前から、ゲルマン人とケルト(ガリア)人は
交流が盛んだった(交易や戦争含めて)。その後ローマ人の移住などにより
混血が進んだ。ローマ末期までには、自らをローマ人(ガロローマ)だという認識が高かった。

ちなみにフランク族は、ケルト系との交流が多かったせいか他のゲルマン部族に比べるとケルト色が強い
部族といわれる(結い上げた髪や縞模様の服装など)。

またローマ征服後も、ケルト語であるガリア語も使われていたが、有力者の子息など
を中心にラテン語が早くから習得され、数世紀を経るうちに使われなくなった。
(初期の碑文や銅版にガリア語が残るのみ)

ただし、今もフランス語の中にケルト由来の単語があることから、ラテン語の
方言としてガリア語が生きていたようだ。

宗教としては、ローマ人は征服した土着宗教に寛容だったので、ローマの神々と
ケルトの神々が一緒に信仰されていた。後にキリスト教化された際も聖人と
なり現代でも伝わっている。(有名なケルト祭はハロウィン)

29 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 11:54:27.70 0

カール・マルテルによるトゥール近くで敗北して以来、北方への侵略を
断念したイスラム勢力は、主に西地中海の沿岸部を攻撃の対象とした
イタリアやプロヴァンスの海岸地帯は、イスラムの海賊の定期的な略奪にさらされた
彼らはほとんど毎年のようにローヌ河を遡り、例えば842年にはアルルを襲撃し、略奪した
一部はプロヴァンスのサン・トロペ近郊の高台に要塞化した拠点を築いて、
絶えずプロヴァンス北部やアルプス地方に遠征を行った
940年には、ジュラ地方の有名な修道院であったサン・モーリス・ダ・ゴーヌを
襲い火を放っている
長期にわたって継続的・反復的に侵略にさらされたために、プロヴァンスの
海岸地方の住民は内陸の山岳地帯に大挙して避難したために、この地の人口が
減少するとともに、ムスリムの攻撃に対処すべく、インカステラメントと
呼ばれる在地住民集落の要塞化、定住組織の変革が生じた

30 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 12:18:28.26 0

31 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 18:18:48.72 O

>>26
何で「副伯」って訳するんだろうね。
現代フランス語でも現代英語でも「子爵」という意味なのに。

32 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 18:42:05.85 0

>>30
ガリアのチェリオットかっこよすぎw

33 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 19:22:39.79 0

>>30
いいねえ、この画像。

35 :世界@名無史さん:2011/11/12(土) 20:46:55.35 0

>>29
28だけど、いいですねーその解説。

西ゴート王国滅亡後、支配下のゴートおよびヒスパノローマ人はアラビアの影響を
強く受けることになる。
そのためその地における俗ラテン語は、アラビア語の語彙が多く含まれるようになり、
スペイン語へと発展していく。

フランスにおいても、南部のセプティマニア・ブルグント地域では、29の解説にある通り
イスラムの支配を受けた俗ラテン語が現在のプロヴァンス語の元となる。
が、一方でローマの遺産が一番長く残された地域でもある。
(ワインの造り方、耕作方法はローマ時代から現代まで全く変わっていない)

37 :世界@名無史さん:2011/11/13(日) 00:52:49.78 0

>>34
伯あるいは大公はローマ末期の長官職(ドゥクス)をモデルに司教座都市を中心に配置され、
その地を古くから支配してきたセナトール貴族が任命されるケースが多かった。
これが後のデュークの語源になるのは、ご存知の通り。

不安定な時代では、一代で消えていく脆弱基盤のフランク系より、
確固たる基盤をもつガロローマ系が継続して支配していく方が上手くいったようだ。

よって征服民であるフランク自由民が、被征服民であるガロローマ貴族に従属する
というケースは、都市のみならず農村地域においても多々見られた。

41 :世界@名無史さん:2011/11/13(日) 10:41:27.57 0

絶滅危機のブルトン語、フランスは多様性と向き合えるか
http://www.cnn.co.jp/world/30001363.html
クレープがフランス料理の文化として欠かせない存在になる一方、ブルターニュ地方独特のもう1つの文化、「ブルトン語」は、話し手の高齢化に伴い絶滅の危機に瀕している。

43 :世界@名無史さん:2011/11/13(日) 11:40:24.78 0

フォッシュだったか
ドイツが一時大戦で負けたのは精神力がなかったからとか言ったの

47 :世界@名無史さん:2011/11/13(日) 14:02:06.01 0

>>44
アンヴァリッド軍事博物館、ルーヴル美術館などのミュージアムは、
教会にとって代わった市民宗教の神殿なのかもしれんな

今ではフランスだけでなく、たいていの国にナショナル・ミュージアムがある

49 :世界@名無史さん:2011/11/14(月) 10:57:36.31 0

>>35
ガリア・ナルボネンシスはもともと地中海性気候で、マルセイユなどギリシア植民市が
このちにブドウ酒生産を伝えたが、ガリアのブドウ酒市場では前175年ごろから
イタリア産ブドウ酒が目立ち始め、前1世紀になるとほとんど独占状態となる

ガリアには古くからビールがあり、当初はイタリアからの移住者やローマ軍、
ガリアの貴族層が輸入ブドウ酒の消費者だったが、ローマ支配下でブドウ酒の
消費量も増え、紀元後1世紀になるとブドウ栽培とブドウ酒づくりの技術は
ローヌ川にそって北上し、2世紀にはモーゼル川地方にまで達した
1世紀末ごろからガリア産ブドウ酒はガリア外に輸出されるようになり、
ローマ市のモンテ・テスタッチォでは「五年物ベジエ産ブドウ酒」という銘がある
壺が発見されている

52 :世界@名無史さん:2011/11/14(月) 22:44:50.30 O

>>42
そういって過去と断絶してしまったのが、たとえば漢字を捨てた韓国ではないのかな。

57 :世界@名無史さん:2011/11/15(火) 07:33:26.81 0

日本人はなぜか欧米人のことを狩猟民族というが、ガリア人は大麦・軟質小麦・
エンマ小麦・ヒトツブ小麦などの栽培を行っていた
また大麦は食用だけでなく、ビール作りに用いていたらしい
彼らはさらに麻や亜麻を栽培し、その繊維で衣服を作る技術ももっていた
羊毛をつむぐ技術もかなり普及していた

こうした先進的農耕を可能にしたものとして、たとえば無輪犂利用の一般化がある
この農具は、すでにハルシュタット時代から知られていたが、ラ・テーヌ時代には
鉄製の犂刃が発明されていた
中世ヨーロッパの農業生産を飛躍的に増大させたとされる有輪犂も、
実はヨーロッパ中部のケルト人たちの発明だった
ブドウ収穫用の鉈鎌や大鎌や熊手が現在のようなかたちをとるように
なったのも、やはりラ・テーヌ時代だった
同じことは回転式石臼の発明についてもいえる

63 :世界@名無史さん:2011/11/27(日) 01:43:08.83 0

鎧スレに、ケルトやゲルマンをただの蛮族だと思っている馬鹿発見。

75 :世界@名無史さん:2012/02/21(火) 22:42:13.85 0

かつてたくさんあったナチス系スレッドが全滅状態。
いい悪いはべつにして、世間(リアル社会)で全否定されてるナチスを
再評価する思想的自由が世界史板にあった。
世界史板でなければ発見できない事実が豊富にあり
戦前ドイツを複眼的思考を研鑽できた。
サーバー大破でその膨大な蓄積が灰燼に帰して復興できなくなり
知識豊富なナチス研究者も去り、面白い知的議論が消滅した。
以前の世界史板は、現実社会では不可能なナチス擁護ができた刺激的な知的空間だった。
個人的には(現実社会で絶対悪視されている)ナチスへのタブーなき議論ができなくなったら、もう存在理由無いと思う。

110 :世界@名無史さん:2012/02/29(水) 06:42:07.17 0

それバンカーじゃね。信頼できんの?

177 :世界@名無史さん:2013/09/26(木) 16:21:17.24 0

・消滅した国は、教科書では記述が省かれやすい。

・複数の地域や国に分かれている場合、記述も分割されていて、
自分で総合しないといけないので記憶に残りにくい。
最悪、なかった扱いされる。

・フランス「統一」という言葉は、まず記述としては出てこない。
王権伸張・中央集権化のほうがより適しているとはいえ、
イタリアとかと表記を合わせたいなら、統一になるし、
フランスが統一されたのはいつかと聞かれて、一言の回答は(解答ではない)、百年戦争が多いと思う。

・百年戦争を簡潔に説明するとブルゴーニュは省く。

205 :世界@名無史さん:2013/10/05(土) 12:43:18.09 0

貿易の関係で、フランスの大西洋側は、イングランドと結びつきが強いから
なんだろうけど。ブルゴーニュは何でだろう。

335 :世界@名無史さん:2015/11/06(金) 16:43:04.15 0

のほほん海洋国ジャパーん

441 :世界@名無史さん:2016/08/01(月) 21:32:51.62 0

近代オリンピックは、イギリス崇拝者たるフランス人のクーベルタンが、イギリスの
スポーツ文化を自国等にも広げようとして古代オリンピックを「復活」させたもの。
・・・The modern Olympics were founded in 1896 by Pierre de Coubertin, a French baron
who thought that his country was getting soft. He looked to Britain’s sporting culture?
and the fad for all things ancient?to revive the Olympic Games, hoping that sporting
competition would encourage the making of champions and the building of character.・・・

そういうこともあり、イギリス流のスポーツ・アマチュアリズムを信奉。
(古代オリンピックは勝利至上主義だったのに、近代オリンピックに関しては、参加すること、
全力を尽くすことに意義あり、なーんてキレイごとになっちゃったってワケ。)
For most of the twentieth century, the existential threat to sport wasn’t doping.
It was professionalism. ・・・

だから当初は、ドーピングはアマチュアリズムにそぐわないとだけされていた。
The use of performance-enhancing drugs was understood to be a problem, but only
insofar as it was a symptom of the corruption of the amateur ideal.・・・

ところが、1988年のソウル・オリンピックの時にアマチュアリズムが廃棄され、かつ、
ベン・ジョンソンのドーピングが発覚した。で、爾後、ドーピングが正面から論じられ、
目の敵にされるようになった。
it wasn’t until the 1988 Summer Olympics, in Seoul, that a doping scandal rocked
the Games, when the men’s hundred-metre champion, Ben Johnson, failed a test.
This was, as it happens, the first Summer Olympics at which professionals were
allowed to compete. ・・・
http://www.newyorker.com/news/daily-comment/doping-and-an-olympic-crisis-of-idealism

542 :世界@名無史さん:2017/05/05(金) 18:35:06.64 0

パリの街を作ったオスマンってトルコ人だったの?

600 :世界@名無史さん:2017/05/12(金) 19:19:16.08 0

>>585
旧ド・ゴール派のような右翼はフランス革命まんせーだけど対独協力派やブルボン派、カトリック右翼は革命否定

831件をまとめました。
最新情報はこちら